速読は低学年から

速読は小学校低学年のうちに始めましょうという話です。

AAL導入している速読は、勉強そのものというよりは「勉強が得意になるための能力」を伸ばすトレーニングです。対象は高校生、さらには社会人を受け入れる教室もありますが、全体の7割は小学生から始めています。

速読を2年以上受講すると、受講をやめても速読力はそれほど落ちず、受講期間が長い方が、高い効果が長く続くというデータがあります。ですから、中学受験の勉強を本格的に始める前に速読を2,3年やって、忙しくなったら受験勉強に専念することで、たくさんの文章を読んで内容を身に付けなければならない受験を有利に進めることができます。

システムについて、詳しくはこちらをご覧ください。

一回のレッスンの中でゲーム的な要素のあるものを含め数種類のトレーニングを行いますので、小さいお子さんでも40分楽しく取り組むことができます。AALでは年長さんから受講可能ですので、お子さんが低学年のうちにぜひ一度体験させてあげてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

前の記事

りんご塾代表がテレビ出演