小学3年生で中学3年生の内容!?

AALのレプトンこども英語教室に通っている小学3年生の生徒。

最近やっている内容はというと『関係代名詞』!

この単元、中学3年生で習います。

関係代名詞whoやらwhichやらwhoseやら。。。

とにかく使い分けが大変!!

 

本人も苦労している様子です。

難しい内容ですが、使い方や英文の作り方を

少しずつ理解している様子も見受けられました。

 

レプトンでは文法ばかりをやっているのではありませんよ。

読む、聞く、書く、話すの4技能をバランス良く、

そして無理なく各々のペースで習得してもらっています。

英語が全く初めてのお子様にはアルファベットから。

多かれ少なかれ英語経験があるお子様には、

その子に合ったレベルからスタートしていただけます。

 

高度な文章を読んでいくためには、文法の知識も必要不可欠。

なので、レベルが上がれば文法も教えます。

ただ、中学生や高校生が文法問題集を使って学ぶほど

ギッチリやるわけではありません。

生徒が負担に思わない程度に練習してもらっています。

 

小学生の頃から英語を学ぶ時代。

私が小学生の頃はそんな時代ではなかったので、

個人的に少し羨ましく思います。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です