アルファベットが書けない子どもが多い⁉

アルファベットを楽しく学ぶ♪

小学校や英会話教室などで、すでに英語学習経験があるお子さまには、Lepton入会時の英語力診断でアルファベットを書いてもらいます。Leptonでは「聞く」「話す」だけでなく、「読む」「書く」といった 4 技能すべての練習を毎回繰り返し行いますので、文字の読み書きができないと学習が進まないからです。英語学習経験者にとっては、とても簡単なことのはずなのですが、「聞く」「話す」の音声重視のかたよった学習を続けた結果、実はアルファベットが正確に書けないお子さまは意外と多いのです。ネイティブのレッスンを数年間受けていたにも関わらず、アルファベットがすらすら書けないお子さまの姿を見て、保護者さまがビックリされることは、Lepton 入会時によく見られる光景です。

では、Leptonではどのようにアルファベットを学ぶかというと…。例えば、入門の『DOG』テキストではアルファベットの大文字と小文字を学びますが、中学生のようにひたすら紙に書いて覚えるのではありません。英語が初めての幼稚園児や小学校低学年のお子さまでも楽しんで学習に取り組めるように、豊富なカラーイラストだけでなく、チャンツ(歌)や、ぬり絵、切り絵といった工作的な課題やクイズを盛り込むなど、工夫を凝らしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

教室がハロウィン仕様に🎃

次の記事

珠算3級に合格!