りんご塾 算数検定の過去問に挑戦

3月6日に、文部科学省後援「実用数学技能検定」がおこなわれます。

算数の実用的な技能(計算・作図・表現・測定・整理・統計・証明)を測る記述式の検定で、年間30万人以上が受験します。
AALは、小学生対象「算数検定」の会場となっていて、この度は小学校1年生から3年生までの8名が受験予定です。

今日のりんご塾の授業で、6日に11級を受験する2名の小学1年生に算数検定の過去問に挑戦してもらいました。
この二人は1年生のテキストを終えて、2年生のテキストを授業ではやっているので、飛び級の証明として小1範囲の11級を受験してもらいます。

りんご塾では、検定や模試はミスをせず満点を取ることを目指しています。
なので、「しっかり問題を読んで、ミスをしないように!見直しも忘れないでね!」と伝えてスタートしました。

15分後、二人とも満点の自信があるということで、回収。
採点結果は、20点満点中20点!と、20点満点中20点! スゴイ!!よく集中して頑張りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です