2月の勝者

東京の中学受験を描いたドラマ「2月の勝者」。ご覧になっている小学生の保護者の方も多いと思います。

AAL塾長の高橋は中学受験の指導はしたことはありませんが、大都市圏で中学入試を指導している同業者の知り合いはたくさんいます。彼らに言わせると中学受験がかなりリアルに描かれているそうです。実際に、私が指導してきた大学入試にもこのドラマで描かれていることに似たような話はあります。

ドラマが始まる前に、嵐の二宮さんがやっている「ニノさん」という番組で、そのドラマの番宣をやっていました。その番組で東京のりんご塾の教室が取り上げられ、りんご塾の田邊代表が出演しました。

りんご塾算数のカリキュラムは、このドラマで取り上げられているような中学受験塾に通う前に、算数好きで得意な子供がさらに算数を得意になるように設計されています。

福山の中学入試は東京に比べるとかなりのんびりしたものではあると思いますが、大学入試では福山も東京も同じ土俵で戦うことになります。

一見不利なように思えますが、中学入試に「父親の経済力」や「母親の狂気」が東京ほどには必要でない(東京では年間150万円かかるそうです)分、じっくりと学力の基礎を身に付けることに力を注げると思います。

 

前の記事

今年も見事に咲きました。

次の記事

速読はスポーツにも効く